風呂敷の楽しみ方色々

風呂敷のサイズと用途

上品に包む風呂敷は、一枚あるといろいろなものをオシャレに包むことができるとして
見直されてきているアイテムです。


その歴史は非常に古く、日本では奈良時代から使われてきている便利なアイテムになります。

便利な風呂敷


サイズもいろいろとあり、正方形だけでなく長方形があったりと、包むものによって
選ぶことが可能ですし、星座にも華やかなものから淡色の落ち着いたものまで
たくさんのものがあります。


風呂敷は小さなものでは、例えばご祝儀や香典などといったお金を包むことにも利用することができます。


結婚式やお葬式に参加するときのマナーとしてお金の入った金封は
裸のまま持ち歩くのはよくないとされています。


金封を包む専用のアイテムとして袱紗もありますが、小さな風呂敷を使えば
うまく包むことができて便利です。


その他にもお弁当を包んだりといったことにも利用できます。
一般的なものは二巾と呼ばれるサイズのもので、一辺が約68㎝程のものになります。

風呂敷の色々な使い方


お菓子を包んだり、包み方によっては日本酒やワインといったものもオシャレに包むことも可能です。


その他にもいろいろなサイズの大きさのものがあるのですが、一番大きなものになると
七幅といわれるものになり一辺が約238㎝もあって、布団を包むことができたり
ベッドの上掛けなどに利用することもできます。


風呂敷は工夫次第ではどんなものでもオシャレに包むことができ、
バッグがないときの代わりにすることができるなどとても便利なアイテムです。

 

風呂敷の歴史について!徳川家康の遺産目録には風呂敷が既に含まれていた!?

風呂敷というと、江戸時代中期から風呂桶を包んだりする庶民の日用品の1つとして取り扱われるようになりました。

しかしそれよりも以前、戦国時代だと風呂敷は非常に高級な品物として扱われており庶民が手にすることができないものでした。
江戸幕府を開いた徳川家康の遺産目録である「駿府御分物御道具帳」に風呂敷が記されていることは有名です。

この風呂敷とは、先述した包み物として扱う布ではなく文字通り、風呂に入る時に床で足を滑らさないようにするための敷物であったことが学者の研究で明らかにされています。正確には「こくら木綿風呂敷」と呼び、当時は木綿織物を生産する農家はごく僅かで、高級品である風呂敷を家康は生前大切に所有していたことが「駿府御分物御道具帳」の記載を見る限り伺うことができます。

 

風呂敷には現代の鞄のような機能のほかに、敷物・手ぬぐいの機能も持ち合わせていました。
江戸時代後半には庶民も持ち合わせるようになったことで、誰の所有物なのかを一目でわかるようにするため、武士であれば家紋・庶民であれば個人の名前もしくは記号等を風呂敷に記していたといいます。

その後、唐草模様・絞り染めなどでさまざまな模様の品物も出回るようになり、現代でもおしゃれなアイテムとして愛用されるようになります。